HOME » 技術とソリューション » リニューアル » 調査・診断・解析テクノロジー

調査・診断・解析テクノロジー

MAST  
■WEBモニタリングシステム

FBG光ファイバセンサを始めとした各種センサーにより斜面やトンネルなどの構造物の変状を計測し、Webを利用したリアルタイム・遠隔監視機能で継続的にモニタリングすることにより防災監視・健全性の評価を可能とします。

 
■FBG光ファイバセンシングによるモニタリングシステム(T-FOpSS)
当システムは、TDM(Time Division Multiplexing:時間分割多重化)方式のFBG光ファイバーセンシング技術の導入により、長距離(最大約9km)、多点(1本の光ファイバで最大100点)計測が可能であるため、大規模構造物や斜面等の変状モニタリングに最適な計測技術です。
精密写真測量  
■精密写真測量システム(TPhotoS)
〈デジタル画像処理を適用した写真測量技術(TPhotoS)〉
写真測量は、航空測量でよく知られた技術で、複数枚のステレオ写真から撮影された対象物の3次元座標を算定するものです。特殊なカメラと技術が必要でしたが、最近著しい進展を遂げた画像処理技術が、これまで特殊と考えられていた写真測量を極めて安価で手軽なものとしました。
 
■リアルタイム3次元画像計測システム
〈デジタルカメラによる常時遠隔監視システム〉
複数台のカメラで取得した画像データをパソコンに送信し、その画像を解析することにより計測点の3次元変位を計測するものです。
 
■光学式地盤変位計測システム
CCDカメラを用いた三次元地盤変位計です。任意の方向に設置が可能であるため掘削前からの計測が可能となります。
 
■蛍光エポキシ樹脂真空含浸による可視化技術
コアサンプルや供試体に低粘度の蛍光エポキシ樹脂を真空含浸させ、切断面の紫外線照射による観察を行います。本手法は、肉眼、顕微鏡観察で識別が困難な微細ひびわれや硬化体組織の多孔質化といったコンクリート表面から内部にいたる微細な劣化現象を可視化することができ、潜在的な劣化現象の評価に有効です。
 
■空気圧ピン貫入試験
空気圧式釘打ち機を用いて吹付けコンクリートの表面にピンを打ち込み、その貫入深さから強度を推定します。
スルーパス工法  
■地下水流動モニタリングシステム
〈CCDカメラとプリズムを組み合わせた光学式流向流速計〉
ボーリング孔を用いて3次元的な地下水流動を把握し、電食により撤去
する位置を適切に判断し、効果的なスルーパス工法を実現します。

ページ上部へ戻る