HOME » 技術とソリューション » リニューアル » 施工 トンネル・シールドリニューアル

施工 トンネル・シールドリニューアル

鋼板補強工法(道路トンネル)  
■鋼板補強工法(道路トンネル)
トンネル内面に8~20mm程度の厚さでできた鋼板パネルを設置し、パネルと覆工コンクリート表面の隙間を確保する部材(スペーサー)により、形状を調整した後、隙間へは袋体の中にグラウト材を充填し、トンネル内面に変わる剛性を有するアーチシェル構造体を構築する工法です。
鋼板補強工法(水路トンネル)  
■鋼板補強工法(水路トンネル)
老朽化したトンネルの補修だけでなく、上部の荷重の増加に対しても周辺環境への影響を最小限に抑え、安全に補強改修ができます。
通水性改善技術  
■通水性改善技術
長年の通水により選択的な摩耗を受け通水性が低下した水路トンネルを特殊エポキシ樹脂プライマーと吹付け施工用ポリマーセメントモルタルによるライニングを組み合わせた水路の表面補修・保護工法です。
TDRショット工法  
■TDRショット工法
〈コンクリート構造物の寿命を延ばす補修工法〉
当工法は、「クリーンな作業環境」「高品質な補修部材」「リーズナブルな価格」を開発コンセプトとし、塩害、凍害などにより劣化、機能低下した橋梁等の寿命を延ばし、地震時の被災を予防する技術で、セメント及び細骨材を主成分としたプレミックスタイプの無機系特殊モルタルを現場で練り混ぜて吹き付ける補修技術です。  
乾式スラリーショット工法  
■乾式スラリーショット工法
導水路トンネルは、施工された年代の古いもが多く、また素堀り仕上げや吹付け仕上げのトンネルが多数あります。これらは、長年の風化作用により、岩盤が緩み、部分的な崩落が生じたり、吹付けコンクリートの剥離が生じています。この対策として、補強材を添加した吹付けコンクリートの適用が考えられますが、当社では保有技術の「スラリーショット工法」を発展させ、新たに長距離運搬が可能な「乾式スラリーショット工法」を開発しました。
国内最大径の強化プラスチック複合管(FRPM管)による更生  
■国内最大径の強化プラスチック複合管(FRPM管)による更生
近年、導水路の補修方法として、既設のトンネル内に既製管を挿入し、その周辺をモルタルで充填する更生工法が採用されることが多くなっています。通常の山岳トンネルは、排水型で、水圧には対抗できない構造となっています。しかしながら、使用期間が長いトンネルでは、これら地下排水に閉塞や損傷が生じ、機能しなくなっている場合があります。池田市配水トンネルは、既設の上水トンネル(延長800m、土被り150m)に国内最大級φ3250のFRPM管を敷設、その後その背面にエアモルタルを充填することでトンネルを改築する工事で、やはり地下排水閉塞の課題があり、対策を講じた更正構造としました。

ページ上部へ戻る