飛島建設

OPENCLOSE

SPECIAL CONTENTS
TOBISHIMA✕ANTARCTIC

飛島✕南極

飛島✕南極のメインビジュアル

南極での活動概要

地球の最南端に位置する極寒の大陸、南極。
飛島建設は毎年この土地に社員を派遣しています。

日本の国土のおよそ37倍もの面積を持つ氷の大陸、南極。地球上でもっとも寒冷な場所といわれ、1983年には内陸部でマイナス89.2℃を記録した想像を超える極寒の世界です。そんな南極を調査する南極地域観測隊(以下、南極観測隊)の一員として、飛島建設は1994年から毎年技術者を派遣しています。

飛島建設に課せられた大きなミッションは、南極における設営作業の取りまとめ役。言うなれば南極での「現場監督」的役割です。観測隊の活動拠点である昭和基地の設備メンテナンスや、発電関係施設や汚水処理施設など各建物の建設・解体・保守、インフラ整備や道路建設、ヘリポート整備など現地におけるあらゆる建築・土木作業全般に従事します。

南極での設営作業を成功させるには、研究者や医療従事者、料理人など、建設知識を持たない専門外のスタッフ達をまとめあげ、協力して作業に取り組む必要があります。また物資や機材が限られており、過酷な環境下での作業となるため、綿密な計画と作業遂行能力も要求されます。このような困難な状況下でも確実に任務を達成できる技術力と見識を買われ、飛島建設は20年以上にもわたり、この国家プロジェクトに携わっています。

ANNUAL SCHEDULE

プロジェクトの
全体スケジュール

南半球に位置する南極は、日本の冬時期に夏を迎えます。設営作業は南極の夏の時期(12月下旬~2月上旬)に行われるため「夏作業」と呼ばれます。約2ヶ月という短期間で現地での設営作業を全て完了して帰国する必要があるため、事前準備は出国の数ヶ月前から念入りに行われます。

  1. 7

    隊員室開設

    隊員室開設

    出発する年の7月、東京・立川にある国立極地研究所(以下、極地研)に隊員室が開設。南極観測隊のメンバーが集結し、訓練と事前準備がスタートします。

  2. 7月 ~10

    訓練の開始と事前準備

    訓練の開始と事前準備

    訓練開始。南極での設営作業に必要な数々の技術と知識を身につけます。例えば施設の防水工事を行う予定なら、隊員たちは専門業者の元に足を運び、防水加工技術を学びます。荷物を運ぶためのクレーンや雪かきを行うためのブルドーザーなど、現地の活動で必要になる資格もこの期間に取得します。

    訓練の開始と事前準備

    また訓練の合間を縫って、資材や物資を調達。現地で建設予定の建物は、チェックもかねて一度日本で組み立てます。現地で行う作業の段取りについても、テレビ電話やメールを通じて昭和基地と入念な打ち合わせを重ねます。

  3. 10

    砕氷艦しらせへ物資の積み込み

    砕氷艦しらせへ物資の積み込み

    一度組み立てた建物を解体し、部品ごとに丁寧に梱包。コンテナに収納して、砕氷艦「しらせ」に積み込みます。船の積載荷重は決まっているので、1kgでもオーバーしてしまうとやり直し。重量オーバーにならないよう細心の注意を払います。

  4. 11

    いよいよ南極へ出発!

    いよいよ南極へ出発!

    11月中旬、しらせは先行して日本を出港。その後を追って隊員たちも11月下旬、飛行機で日本を出発。オーストラリアでしらせと合流します。

    いよいよ南極へ出発!

    オーストラリアで隊員たちがしらせに乗り込むと、いよいよ南極に向けて出港。3週間ほどの船旅です。南極近海の氷を割って進む砕氷艦のしらせは、氷海ではない通常の海ではその構造上揺れやすくなっています。隊員の中には「酔い止め薬は必需品」なんて人もいるようです。

  5. 12月下旬

    南極到着・引き継ぎ作業の開始

    南極到着・引き継ぎ作業の開始

    12月下旬、昭和基地に到着。南極で越冬していた前次隊の隊員たちは、自分たち以外の人間を目にするのも1年ぶり。熱烈な歓迎を受けます。

    到着後、すぐに引き継ぎ作業を開始します。部門ごとの責任者は、前任者から各部門のルールや基地の運営方法について引き継ぎます。隊員たちは機材の使い方のレクチャーを受け、実際に前次隊の隊員たちと作業に取り組みながら作業内容を引き継ぎます。

  6. 12月下旬 ~2月上旬

    夏作業のスタート

    夏作業のスタート

    12月下旬、いよいよ夏作業が本格的にスタート。設備のメンテナンスはもちろん、発電関連施設や汚水処理施設など各建物の建設、インフラ整備や道路・ヘリポートの整備など、さまざまな設営作業に取り組みます

    夏作業のスタート

    帰国日までに予定作業を完了しなければいけないので、少々ハードなスケジュール。しかし休日には、隊員みんなで基地周辺をまわったり、ヘリポートでサッカーをしたりと南極の余暇をしっかり楽しみます。

    ペンギンやアザラシなど南極独自の生物との遭遇。まるで火星に来てしまったかのような荒涼とした風景。目の前に広がる全ての光景が、これまで体験したことのない異次元の世界。基地周辺は氷に覆われ、さまざまな発見や自然環境とも出会えます。

  7. 2月中旬 ~3

    夏作業の終了、帰国。

    夏作業の終了、帰国。

    2ヶ月間にも及ぶ夏作業が終了。2月中旬にはしらせに乗り込み、南極を後にします。

    帰路の船上でも観測業務を行います。例えば、南極近海に生息するクジラの生態観測など。また船上からは夜間にオーロラを目にすることもでき、その光景は神秘的の一言。南極周辺の大気は澄んでいるので、夜空には信じられないほどの星が広がっています。「人生観が変わった」という隊員もいるほど、美しい光景です。

    夏作業の終了、帰国。

    往路と同じく3週間ほどの航海を経てオーストラリアに到着。隊員は飛行機で日本に帰国し、9ヶ月間にもわたるプロジェクトが完了します。

DAILY SCHEDULE

ある派遣技術者の1日

  1. 6:30

    起床

    隊員たちは食堂に集まり、朝食を食べます。本日のメニューはご飯と味噌汁、焼き魚に納豆、たらこなど。食料保存技術も発達しているので、基本的に日本で食べるメニューと遜色ありません。調理隊員が腕をふるってくれるので、毎日美味しいご飯にありつけます。

    起床
  2. 8:00

    朝礼

    隊員全員でラジオ体操。その後、「誰が」「どこで」「どのような作業を行うのか」本日の作業内容を隊員たちは確認。安全事項の確認なども行います。

    朝礼
  3. 8:15

    作業開始

    朝礼後、隊員たちは作業エリアごとに分かれ各作業場所にトラックで移動。担当エリアに到着後、作業をスタートします。

    作業開始
  4. 10:00

    休憩

    菓子パンなどの「中間食」を食べ、エネルギー補給。水分補給も念入りに行います。極寒の南極ではエネルギーの消費も大きいため、作業の合間の中間食はとても重要です。大福などの甘いものは特に人気で、隊員たちで争奪戦が起きることも。休憩後、再び作業再開。

    昼食
  5. 12:00

    昼食

    基地に戻って昼食。本日のお昼は赤飯、蕎麦、天ぷらにお新香。午後からの作業に備えて、ボリューム満点の食事をしっかりと食べます。毎食、料理の写真を撮影する隊員の姿も。

    昼食
  6. 12:45

    打ち合わせ

    作業リーダーが集まって打ち合わせ。作業の進捗に合わせて、今後の作業内容や人員の割り振りについて話し合います。

    打ち合わせ
  7. 13:00

    午後の作業開始

    日差しが強くなり、午前中より気温も高くなります。一心不乱に作業している間に暑くなってきたのか、Tシャツ1枚になる隊員の姿も。

    午後の作業開始
  8. 15:00

    休憩

    再び中間食と水分補給。エネルギー&水分補給は頻繁に。

    休憩
  9. 17:00

    作業終了

    1日の作業終了。日本だとこの季節・この時間帯は薄暗くなっていますが、南極は白夜。空はまだまだ昼間のように明るいので、「夜」が近い実感はありません。

    作業終了
  10. 19:00

    夕食&ミーティング

    基地に戻って夕食後、明日のミーティングを行います。人員や機材をどのように配置するか、さまざまな可能性を想定しながら打合せを行います。突発的なブリザードに見舞われるなど、どのような事態が発生するか分からない南極では、あらゆる可能性を想定し備えることが不可欠です。

    夕食&ミーティング
  11. 20:00

    自由時間

    ミーティング後は自由時間。お酒を飲んでくつろぐ隊員も多く見かけます。23:00までの間に、隊員たちは順番にお風呂をすませます。風呂場は大浴場ではなく、一度に4人くらいが限度の小さな浴場。南極では水も大切な資源なので、無駄使いは厳禁。入浴時に洗濯も一緒にすませます。

    自由時間
  12. 22:00

    報告メールの作成

    飛島建設の社員は現場の管理者なので、作業状況の報告も大切な業務の一つ。隊員全員が今日はどこでどのような作業を行ったのか正確に把握し、作業の進捗を日本にメールで報告します。

    報告メールの作成
  13. 23:00

    就寝

    白夜なので夜中でも太陽が出ていますが、カーテンを閉めれば意外と慣れてしまうもの。十分に睡眠をとって、明日の作業に備えます。

    就寝
これまでの実績

これまでの実績

プロジェクトメンバー
からのメッセージ

  • 55次・56次隊佐藤 利明

    首都圏建築支店
    建築作業所

    55次・56次南極地域観測隊(夏隊)に参加しました。砕氷艦しらせ船上ではペンギン・氷山・オーロラ(周りは星だらけ)を見ることができました。昭和基地では研究者・医者・料理人など他業種の人たちと協力して建物を作ります。白夜のため、遅い時間まで作業をすることもありますが、国家プロジェクトに参加し、隊員全員で計画を達成した時のやりがい・達成感はとても大きいものです。
    目的に向かって皆が協力できるように環境を作ることや、隊員全員の行動を把握することは、今の私の仕事にも生かされています。飛島建設に入社を希望される皆さんも、南極という未知の領域へ、一緒にチャレンジしてみませんか?

  • 53次・54次隊小久保 忍

    首都圏建築支店
    建築作業所

    そこにはこちらの世界と違い、未だ人の手がつけられていない、現実とかけ離れた世界がありました。
    観測隊の一員になると、それぞれ役割が課せられます。その中で飛島職員に課せられる仕事は、国内で普段行う仕事とは多少違います。
    昭和基地には、南極の環境を観測したり、極地でなければできない実験を行う研究者たちの生活環境を支える建物が多数存在します。それらの維持・新設などは観測隊が設営作業として自ら行ないます。観測隊の中で飛島職員に要求されるスキルは、この作業のための建設的知識とまとめ役としてのリーダーシップです。
    南極の夏という短い期間に、不自由な場所で、限りある資源と設備の中で、他方面から集まる心強い仲間たちと作業をし、過ごした日々は忘れられません。沈まない太陽、氷に包まれた南極大陸からの風、オゾン層のないどこまでも深く青い空、息が白くならない澄んだ空気、やがて少しずつ沈む太陽……。作業場に迷い込んでくるペンギンとの出会いなど、微笑ましい思い出もあります。そんな忘れがたい環境の中で作業に従事し、地球の裏側に自分の作った建物が残っているのです。そんな感動と経験を、できれば多くの人と共有したいものです。

  • 36次隊和泉澤 統一

    首都圏建築支店
    安全品質環境部

    平成6年に36歳で私が飛島建設の社員で初めて南極観測隊に参加して20年以上たち、現在に至るまで多くの隊員が、居住棟や各観測棟、倉庫、通路、道路などなどの建設に携わってきました。これまで継続して飛島建設が隊員の派遣を求められ続けているのはなぜでしょうか?
    もちろん建設のプロですから、隊長や他の隊員も知らないビル建設や処理施設の構築方法は身に付いています。しかし一番評価されているのは、南極の夏の建設作業が60日程度と短い中で、学者・医者・調理人・海上自衛隊員など建設労働をしたことがない人の手で進められる膨大な作業を、工程・資材・機材・人員の確保や作業指示、細かい納まりまで含め、一貫して取り仕切る能力です。あなたも飛島建設の職員だから行ける南極へ、誇り高い技術者として行ってみませんか。