HOME » 最新技術(建築) » 設備 » 設備シミュレーション

設備シミュレーション
人間性をも包み込む、そんな成熟した空間をDESIGNする設備テクノロジー。
用途に応じた適切な空間環境を創造する設備シミュレーション技術。
内部居住環境が、従来の機能優先から「環境重視」へと時代が進化している中で、設備シミュレーションは、安全性・省エネルギー性・ライフサイクルコストを追及するとともに最適な環境のポテンシャルを検証します。


光環境照度分析シミュレーション
自然光・人工照明による照度分布や、OA化に対応したグレアを防止する照明計画などの、空間にマッチングした視環境を提供します。


PAL・CECシミュレーション
省エネルギー法規制の強化により、ー定規模以上の建物には「省エネルギー計画書」が義務づけられています。
PAL(年間熱負荷係数)・CEC(空調エネルギー)設備を選定、経済性の高い建物空間を提供します。


熱負荷シミュレーション
夏期の冷房、冬季の暖房と、四季に応じた建物の熱収支から、正確な負荷を算出、進歩する空気調和システムとの組み合わせにより、最良な温熱環境を提供します。


避難シミュレーション
不特定多数の入場者が見込まれる施設が、高層化・巨大化していますが、震災・災害などの緊急時には有効かつ迅速な避難が行なわれなければなりません。
避難時における人々の動きをシミュレーションし、安全性を追及、確認する技術です。
 
設備シミュレーション
 
設備シミュレーション
 
設備シミュレーション
 
設備シミュレーション

ページ上部へ戻る