HOME » 最新技術(建築) » 耐震診断 » 建物・設備の耐震診断

建物・設備の耐震診断
●耐震診断・耐震補強のSTEP
トビシマの耐震診断・耐震補強は、調査から改修・補強工事までトータルでお引き受けする総合的なシステムです。各種の設備や機器を活用した建物調査、さらにコンピュータによる診断を加味したきめ細かな診断書を作成します。診断の結果、改修や補強の必要があると思われる建物については的確な対策を実施し、一貫した設計・施工体制で建物の耐震性能を飛躍的にアップします。
 
耐震診断・耐震補強のSTEP
 
●建築設備の耐震診断
大地震の後に、水・ガス・電気・通信機能が使えなくなっては大変です!屋上に設置されている水槽等の機器類、建物内にある、水・ガス・電気等の配管類の転倒・破損により、生活・営業機能が麻痺することを防ぐために、建物の構造体だけでなく、建物設備も含めた耐震診断をお勧めします。   ガス・ヒートポンプパッケージ室外機の転倒
    ガス・ヒートポンプパッケージ
室外機の転倒
 
診断内容
1. 建築設備機器、配管等が、大地震後にその施設の目的に応じた耐震性能を保有しているか否かを評価します。
2. 耐震診断に当たり、それぞれの設備内容ごとに必要とされる機能を特定します。
3. 設備内容ごとに、それぞれ目視、図面及び計算による診断方法により、設備機器、配管等を適切に診断し、総合的に評価します。
4. それぞれの設備内容ごとに評価した結果を基に、建築設備全体の総合的な、耐震安全性の評価を行います。

ページ上部へ戻る