HOME » 最新技術(建築) » 設計技術 » 外部環境保全対策技術

外部環境保全対策技術
 国内屈指の研究機能を背景にした、織密な予測・解析技術が快適環境を創造します。
風、音、振動、水・・・。建物を取り巻くあらゆる外部環境を事前予測。
施工中の騒音対策から完成後の風環境把握まで、建物と周辺環境の調和をめざした様々な周辺技術群。

風洞実験技術
 超高層ビルなどの大規模なプロジェクトでは、建物が周辺に及ぼすビル風の影響、また、建物が受ける風の影響について詳細検討が必要です。
当社研究所の大型風洞を用いた実験では、建物の設計に必要な風荷重を算定する構造系の実験と、建物の建設にともなう風環境の変化を捉える環境系の双方から実験を行います。
風洞実験技術

工事騒音・振動予測技術
 建設工事においては、掘削や資材搬入などによる騒音・地盤振動が地域周辺の人の生活に影響を与えることがあります。
こうした工事中の変化を測定するために、発生源および伝搬経路における騒音レベル・振動レベルを数値シミュレーション・模型実験など各種手法を用いて予測します。

地下水変動予測・地盤達成解析
 建設工事の大規模化・大深度化にともない、近接構造物への影響や周辺部への環境間題回避などの面から、万全な地下水対策が求められています。このシステムは、工事の進渉状況に応じた経時的な変動予測、逆解析による情報化施工など、建設工事に関わるあらゆる地下水間題に対応します。

ページ上部へ戻る