HOME » 最新技術(土木) » 橋梁 » BARD床版工法

BARD床版工法
プレキャスト版を利用した道路橋床版・鉄道橋床版構築システム
 BARD床版工法とは、工場で製作したプレキャスト版を現場に運搬後、桁上に敷設し、このプレキャスト版を型枠・足場兼用として利用しながら床版の配筋およびコンクリートの打ち込みを行い、一体の連続した床版を構築する工法です。   BARD床版工法

BARD床版工法の特長
1. 疲労耐久性が非常に高い工法です
 
従来の鉄筋コンクリート床版に比べて、数十倍の疲労寿命があります。
プレキャスト版に設置されたトラス鉄筋が、プレキャスト版と場所打ちコンクリートとを強固に結合します。

プレキャスト同士の継手構造を開発したことにより、従来困難であった橋軸方向の連続性が容易に確保できるようになりました。

 

 

  BARD床版工法
2. 施工合理化が可能となります
 
張出床版部を含めて、支保、型枠および足場が不要な上、配筋もトラス鉄筋がスペーサーとして利用できるので、大幅な工期短縮が図れます。
床版厚の半分以下の軽量なプレキャスト版を架設するので、使用する架設機材が小規模で済み、場所打ちコンクリートにより施工性および経済性に勝れます。
3. 形状適応性に勝れています
 
床版厚の半分以下のプレキャスト版を利用するハーフプレキャスト工法であるので、場所打ちコンクリートにより横断勾配や縦断勾配および添加物への対応などが可能となり、施工が容易です。

ページ上部へ戻る