HOME » 最新技術(土木) » 海洋・港湾 » スリップフォームケーソン工法

スリップフォームケーソン工法の概要 スリップフォームケーソン工法の特長 在来工法との比較
スリップフォームケーソン工法
煙突やタワー等の鉄筋コンクリート製塔状構造物を急速に構築することができる当社のスリップフォーム工法(移動型枠工法(下図参照))を水密性が要求される大規模海洋ケーソンの製作に適用した技術です。
大規模海洋構造物に用いるケーソンを省力化施工により短期間で大量に製作することが可能です。
多様な断面形状を有する場合(下の写真参照)でも、鉄筋型枠組立からコンクリート打設を連続的に行え、高品質なケーソンを短期に製作できます。

スリップフォームケーソン工法

ページ上部へ戻る