HOME » 最新技術(土木) » トンネル » 地下空間利用技術

地下空間利用技術
都市部への人口集中。高度に開発され成熟した都市部において、地下空間の利用は都市再生の上で欠かすことのできない分野です。
トビシマでは、
1. 大都市における用地確保難の解消
2. 都市基盤の地下化、大深度化に対応する地下空間保全
3. 恒温、恒湿および遮断性などの地下の特性を活かした施設の増加
といった、社会的ニーズに応えるため、研究開発を進めてきました。
 
高山祭りミュージアム   ワイン貯蔵庫
高山祭りミュージアム ワイン貯蔵庫

地下空間利用技術の特長
1. 企画提案
 
社会ニーズを的確に捉え、将来を予見した地下空間利用のコンセプトを確立した企画提案が可能です。
2. 施工技術
 
トンネルや地下発電所の豊富な施工実績により培われた設計施工技術をフルに活用し、高品質な地下空間を構築します。
3. 環境技術
 
地下空間の特性を考慮した、音環境、熱環境、光環境などの環境制御を実現し、快適な居住性、空間作りを可能にします。
4. 安全確保
 
地下空間の特性を考慮した、音環境、熱環境、光環境などの環境制御を実現し、快適な居住性、空間作りを可能にします。

外部団体への登録状況
技術審査証明: (財)日本建築センター 建築評定取得

ページ上部へ戻る