HOME » 最新技術(共通) » コンクリート » リフレッシュシャワー工法

  既設鉄道橋床版防水  リフレッシュ・シャワー工法

  高架橋に対する防水工は、本来、上面から施工すべきことは理解されているものの、供用中のバラスト道床鉄道橋で漏水が発生した場合、施工が困難であるため、床版下面から補修が行われてきました。しかしながら、下面防水は、上部からの浸水は許したまま、その排水が困難となることから、コンクリートの含水率を高め、繰り返し荷重による疲労劣化の促進や凍害の助長等、構造物の耐久性に悪影響を及ぼす可能性があります。

  本工法は、床版上面から行う漏水補修工であり、バラストを除去することなく、軌道上から含浸防水剤を散布するだけで床版防水を施す、極めて合理的な工法です。コンクリート構造物の延命化を図るとともに、高架下利用者からの苦情や雨樋設置による応急対策等、漏水に起因する維持管理の負荷を大幅に軽減します。

含浸防水剤とは


■珪酸ナトリウムを主成分とし、これに触媒性薬剤を
  含んだ水溶液もしくは顆粒状の防水剤です。


■床版に到達した含浸防水剤は、水分移動に伴って
  コンクリート内部まで浸透し、コンクリート内部に
  防水層を形成します。


■含浸防水材は、コンクリート内部に存在するカルシウム
  成分にのみ反応するため、バラストの機能を阻害する
  心配はありません。


■砕石に付着残留した含浸防水剤は、後の降雨により
  床版へ再散布され、コンクリートのひび割れ部に
  効率的に供給されます。


■有害物質等の溶出の心配はありません。

 
施工手順


①散 水(バラストに防水剤が吸着されないための前処理)
     ↓
②含浸防水剤の散布
     ↓
③散 水(バラストに付着した含浸防水材を流下させる)

  ※顆粒タイプの場合、①、③の工程は不要です。



施工事例
【事例①】

 漏水箇所:高欄と床版の打継ぎ部
  供用開始:昭和7年
  防水材料:水溶液タイプ

 効果発現:施工後約3週間

 
施工前
施工後

【事例②】

 漏水箇所:床版コンクリート打継ぎ部
  供用開始:昭和44年 
  防水材料:水溶液タイプ、顆粒タイプ

 効果発現:施工後約1週間

 
施工前
施工後

【事例③】

 漏水箇所:床版コンクリートひび割れ部 
  供用開始:平成14年
  防水材料:水溶液タイプ

 効果発現:施工後約2週間

 
施工前
施工後

 

ページ上部へ戻る