HOME » 最新技術(環境) » 地下水復元 » スルーパス工法

スルーパス工法
電食技術による地下水流動保全工法
地下水を遮断すると、上流側では地下水が上昇し「液状化の危険性増大や植物の根腐れ、周辺構造物の浮上がり」等の危険性が増大し、下流側では地下水が低下し「植物が枯れたり、井戸枯れや地盤沈下」等の危険性が増大します。
スルーパス工法はこのような現象を発生させる、土留壁に遮断された地下水流を「各帯水層毎に、また任意な時期に通水可能とする」環境保全対策工法です。
  スルーパス工法

スルーパス工法の特長
1. 大深度に適用可能
 
従来工法の弱点である、床付以深の大深度に存在する地下水流を保全することが出来ます。
2. 各滞水層毎に独立通水
 
従来工法では難しい帯水層毎の独立通水が可能です。
3. 大きな通水区間を確保
電食にて土留芯材を溶かすため、大きな通水面積が確保できます。
4. 各種の土留壁に適用可能
鋼管矢板、SMW連続壁、シートパイル、RC連続壁などに適用可能です。
 
試験施工での通水状況

外部団体への登録状況
 
外部団体からの表彰等
スルーパス工法の基礎技術である「電食工法」は国土交通省NETIS:KT-020019に登録済み
  スルーパス工法の基礎技術である「電食工法」は下記の外部評価を受けています。
エンジニアリンング振興協会「功労賞」
(2002.7受賞)
土木学会 関西支部「技術賞」
(2003.5受賞)

ページ上部へ戻る