飛島建設

OPENCLOSE

ENVIRONMENT
EARTH

地球環境の技術

飛島の技術-環境のメインビジュアル

液状化対策と地球温暖化緩和を同時に実現する

丸太打設液状化対策&カーボンストック(LP-LiC)工法
-地中に森をつくろう-

LP-LiC工法
(Log Piling Method for Liquefaction Mitigation and Carbon Stock)
建設工事を行えば行うほどCO2を貯蔵し温室効果ガス削減に貢献

 地球温暖化防止対策のひとつとして、木材を地中打設する軟弱地盤対策を提案します。これは、樹木が大気中の二酸化炭素を吸収固定することに着目し、木材を地中に打設することにより、二酸化炭素を地中貯蔵し温室効果ガス削減に貢献するものです。

 地球温暖化は、今世紀前半の大きな課題であり、あらゆる分野でこれに対する解決策を検討する必要があると考えています。温室効果ガス削減技術として、一般には排出源から温室効果ガスを回収・隔離し、変換・有効利用する方法が検討されています。樹木は、これとは異なります。樹木は大気中の二酸化炭素を吸収固定するので、成長した樹木を伐採し燃やしても、大気中の二酸化炭素は増加することにはなりません。放出した二酸化炭素はもともと大気中から吸収固定したものだからです。これをカーボンニュートラルといいます。さらに伐採した木材を長期間保存すれば、炭素貯蔵(カーボンストック)となり、大気中の二酸化炭素削減に寄与することとなります。このように植林と伐採・保存を繰り返すことで木材利用の拡大と二酸化炭素の大量貯蔵を行うことができます(図-1)。

図-1 伐採と植林の繰り返しによるカーボンストックのイメージ

図-1 伐採と植林の繰り返しによるカーボンストックのイメージ

丸太打設液状化対策&カーボンストック(LP-LiC)工法の特長

 木材を地中に打設した場合、腐朽が課題となります。地下水位以深では、木材は長期間健全であることを調査で確認していますが、杭頭部が地下水位変動域やそれ以浅に位置する場合があり、腐朽が心配な場合には腐朽対策として一般に薬品処理します。弊社では、地下水汚染などの原因となる可能性がある薬品を使うことなく、地中の特性を活かした処理方法について研究を始めており、現在、この検証実験中です。
 さらに、木材を用いて軟弱地盤対策を実施した場合、工事によって排出される二酸化炭素排出量をこのカーボンストック量が大幅に上回り、工事を行えば行うほど温室効果ガスが削減できる(図-2)ことを試算で確認しました。木材の利用による軟弱地盤対策が、土木事業としての役割を担うだけではなく環境貢献をも担うことが可能となります。このような木材の利用拡大が図られれば、二酸化炭素の大量貯蔵が可能になるとともに、森林の水源涵養、土砂流出災害の防止などの効果が得られることも期待されます。

図-2 工事を行えば行うほど二酸化炭素を貯蔵 イメージ

図-2 工事を行えば行うほど二酸化炭素を貯蔵

主な適用範囲

  • 液状化対策
  • 軟弱地盤対策

地中木材の健全度調査

 木材は地中の地下水位以深であれば腐朽が生じないため長期のカーボンストックが可能になります。
 これを検証する目的で、文献調査や各地で構造物基礎などに使われていた木材の収集・分析を行いました。この結果、地下水位変動域以深において、スギを含めた木材の健全性は50年を優に越えることが明らかになりました(図-3)。

図-3 地盤条件と木材腐朽の関係解明のための掘出し調査結果 イメージ

図-3地盤条件と木材腐朽の関係解明のための掘出し調査結果