飛島建設

OPENCLOSE

INVESTOR RELATIONS
MESSAGE

ごあいさつ

株主・投資家のみなさまへのメインビジュアル

防災のトビシマ
New Business Contractor

飛島建設代表取締役社長 乘京正弘の写真

株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

平成29年度は売上高の増加、工事採算性の向上等により、営業利益・経常利益・当期純利益ともに前年度実績を上回ることができました。 また「基盤事業のポートフォリオ改革」「新事業の創造」「事業の多角化」についても順調に進めております。これもひとえに株主の皆様のご支援の賜物であると、あらためまして深く感謝申しあげます。

平成30年度は中期3ヵ年計画の2年目となり、新生「トビシマ」への企業改革のために非常に重要な1年となります。事業構造改革を継続し、経営戦略を着実に遂行してまいります。また「働き方改革の推進」をさらに加速させ、「ESG経営」への取り組みも強化してまいります。

株主の皆様には、今後とも引き続きご支援を賜ります様お願い申しあげます。

平成30年6月
代表取締役社長
乘京 正弘