飛島建設

OPENCLOSE

PEOPLE
YOUNG ENERGY

先輩の声

採用情報-young energy 先輩の声のメインビジュアル

首都圏建築支店 安田代々木四丁目作業所 平原 太郎

H23入社 首都圏建築支店 安田代々木四丁目作業所 平原 太郎の写真

質問コーナー

1、入社にあたり、建設業を選んだきっかけは?

幼い頃から「ものづくり」が好きでした。また、実家の近くに大きな公園ができたのですが、建設当初から公園が作られていく様子を身近で見れ、興味が湧きとても印象が残っていた事が、建設業に携わりたいと思ったきっかけです。

2、現在の仕事内容を教えてください。

職人さん対応、朝礼・工事打合せの司会進行、資材発注、搬入調整、図面作成(仮設足場・タイル等)、配筋検査の立会、リース品全般の管理、躯体チェック、工事写真対応など様々です。
また4月から新入社員が配属されているので、指導にもあたっています。

作業風景の写真

作業風景の写真

3、仕事を通じて、楽しさや喜びを感じる時はどんな時ですか?

施工中の建物が上棟し、足場をばらして建物の全貌が見えた時にとても感動します。
また、コンクリート打設作業はとても大変で疲労も多分にありますが、打設完了後はやりきった感があります。

4、仕事を通じて、悔しさや大変さを感じる時どんな時ですか?

知識のない分野で、業者さん等からの質問にパッと答えられなかった時や、作業の段取りが上手くいかなかった時です。
自分の思いが職人さんにうまく伝わらない事もあり、難しさを感じたりもしますが、日々のコミュニケーションで改善していこうと思います。

5、オフはどのように過ごしていますか?

休日の写真

ゴルフをたまにやるようになりました。自然の中でプレーするのはとても気持ちよいです。
その他、バーベキューなどのアウトドアをしたり、リフレッシュの為に月2回ほどサウナで汗を流しています。
また、一級建築士の資格取得を目指して、週末は学校に通って勉強しています。

6、今後の目標を教えてください。

一級建築士を取得し専門知識を身につけ、まずは現場で主任的なポジションの働きをしたいです。
入社してから6現場目ですが、今後も様々な建物の施工に携わりたいです。

インタビューに答える平原太郎の写真

1日のスケジュール

1日のスケジュール 円グラフ
作業風景の写真

07:00 出社・作業内容確認

早く出社することで気持ちを落ち着かせて一日をスタートします。
出社後は事務所で朝食をとり、一日の作業内容の確認をします。
きちんと一日の段取りができているか?など、スムーズに現場が動くよう準備します。

作業風景の写真

11:30 打合せ

毎日昼休み前の11:30から職人さんとの工事打合せを行います。
メインで司会進行役を務め、午前中の作業での改善点などを午後の作業に活かすよう話し合ったり、午後及び翌日の作業内容の確認をしています。

作業風景の写真

13:00 施工管理

職人さんに指示を出すことも多いですが、その時はきちんと目を見て誠意をもって話をするよう心がけています。
職人さんは貴重な存在でいなければ仕事が成り立たないので、現場運営がうまくいくよう敬いつつ指示を出しています。

作業所長からの一言

 桃太郎、金太郎、岡本太郎と太郎にもいろいろとおりますが、平原太郎さんはそのどれにも負けず劣らず、まさに太郎という名にピッタリな実直で気持ちの良い若者です。
持ち前の明るく元気な性格は、いつからか現場のムードメーカーとなって発揮され、先輩・後輩・職人さんから慕われ、日々汗を流し頑張っています。
もちろんまだ未熟であり、改善すべき点もありますが、今は飛躍を遂げるための通過点に過ぎません。
いずれ現場にとって欠かせない「太郎の中の太郎」になってくれる事を望みます。

集合写真