飛島建設

OPENCLOSE

PEOPLE
YOUNG ENERGY

先輩の声

採用情報-young energy 先輩の声のメインビジュアル

首都圏土木支店 管理部管理チーム 西村 嘉治

H26入社 首都圏土木支店 管理部管理チーム 西村 嘉治の写真

質問コーナー

1、入社にあたり、建設業を選んだきっかけは?

ものづくりを通して国の発展に貢献できる仕事がしたいと考え、建設業界を中心に就職活動をしました。
地元から東京の大学へ進学した際に、モノレールや高層ビルなどを目にし感動したことを思い出し、就職活動を進める中で建設業界への思いが強くなっていったからです。
また、記憶に新しい東日本大震災や台風など災害大国であるこの国で建設業の重要性を感じていたので、防災のトビシマと呼ばれるこの会社に魅力を感じ、飛島建設へ入社を決めました。

2、現在の仕事内容を教えてください。

作業風景の写真

土木現場を中心に管理業務をしています。
主に公共料金や入金などの会計伝票作成、現場から定期的に送られてくる小口精算書や請求書の確認処理といった事務業務を行っています。ただ確認・処理するだけでなく、請求されている材料や機械は現場でどのように使っているのかをイメージしながら仕事をするように心がけています。
基本は内勤ですが、現場でのJV委員会や打合せ、式典などで現場へ出ることも多いです。

3、仕事を通じて、楽しさや喜びを感じる時はどんな時ですか?

現場に行く機会も多いので、出来上がっていく現場の過程を直接見れることや、また、その現場が竣工するまで関われた時です。入社2年目ですが、完成した現場やトンネル現場での貫通式などに参加する機会があり、そこで感じるスケールの大きさやそれに関われたことにやりがいを感じます。

作業風景の写真

作業風景の写真

4、仕事を通じて、悔しさや大変さを感じる時どんな時ですか?

現場や業者からの問い合わせに適切な対応ができなかった時です。
事務職として現場から信頼を得るには、知識以外にもコミュニケーションが必要だと思いますので、精進あるのみです。

5、オフはどのように過ごしていますか?

休日の写真

映画が好きで、よく映画館へ行きます。
基本友達と行きますが、一人で行くときもあります。特に見たい映画がなければ、部屋でブルーレイ鑑賞しています。

6、今後の目標を教えてください。

建設業経理士や宅建など資格を取得し、知識を身に着けていくことです。
仕事でも先輩たちと同じように仕事をこなせるように頑張ります。
国際支店にも興味があるので、今後海外工事にも携わりたいと思っています。

インタビューに答える西村嘉治の写真

1日のスケジュール

1日のスケジュール 円グラフ
作業風景の写真

07:30 出社・一日の準備

出社後は会社で朝食をとり、メールチェックややるべき業務の整理をして一日の準備をします。8:30にラジオ体操をしっかりして、体をほぐして頭もすっきりさせてから仕事に臨みます。

作業風景の写真

11:00 会計伝票作成、電話対応他

会計伝票作成や、現場や業者からの問い合わせ電話対応の業務依頼に対応しています。
確認に手間取ったり、わからず上司に聞くことが多々ありますが、相手が何を求めているかを考え、なるべく早く返答するように努力しています。

18:30 スポーツジム・試験勉強

退社後運動不足解消の為、週に3回ほど会社帰りにスポーツジムに通っています。
筋トレやサンドバック打ちで2時間ほど汗を流し、ストレス発散しています。
また帰宅後は、資格取得のため試験勉強もしています。

西村さんへ

上司からの一言

 どんな仕事にも真面目に一生懸命取り組む西村君は、非常に頼もしく好感が持てます。
明るく愛嬌があり、現場の所長からも信頼されているので、これからは法律や会計の知識、 現場や第三者対応など多くの事を身に付け、より頼られる事務職として実力をつけて頑張ってください。

担当現場 作業所長からの一言

 時々声が小さくなるのが気になりますが、いやいや私も昔はそうでした。
職種が違うとはいえ、二年目にしてはよく仕事をこなしているなぁと感心しており、いつも助かっています。
きっとあなたの性格と、教え上手な先輩に恵まれているんですね。
これからも前向きな姿勢でいろんなことを吸収し、我々(技術系)を支援してくださいね!