飛島建設

OPENCLOSE

NEWS RELEASE
ニュースリリース

ニュースリリースのメインビジュアル

ゼネコン13社によるLCC(ライフサイクルコスト)と長期修繕計画算定システムの共同開発について

2019年6月3日

 青木あすなろ建設、安藤ハザマ、大本組、錢高組、大末建設、大日本土木、鉄建建設、東亜建設工業、東洋建設、飛島建設、西松建設、NIPPOおよびピーエス三菱の13社は、共同で建物の「LCC(ライフサイクルコスト)と長期修繕計画の算定システム」を開発しました。当システムは、建物の長期的な経済性と省エネルギーの有効性を検討するためのツールであり、これを用いて今後さらに求められる建築物の長寿命化、省エネルギー建築および建物のストック活用における計画の有効性の検討や妥当性の確認を行うものであります。

 当システムはMicrosoft Visual Studio 2013 (VB.Net)とデータベースソフト(Microsoft Access)を使用することにより、検討したい案件の情報を簡易に入力しつつ精度の高い分析ができるよう構築されており、同時に入力画面の工夫によって、ユーザーが直感的に操作することを可能としています。

 操作面では、入力段階を概算版(企画段階のラフな条件での大まかな算出)、略算版(基本設計程度の条件での比較的詳細な算出)、詳細版(見積内訳書程度の条件での詳細な算出)の3段階に分けており、さまざまな職種(営業・設計・見積・工事管理等)の誰もが簡単に扱えるシステムとなっています。また、事務所・共同住宅・病院・学校・倉庫・大型物販店の6用途に対応しており、構造はRC造・S造・SRC造の3つから選択することができます。

 システムの根幹であるデータベースは、「BELCA(公益社団法人ロングライフビル推進協会)」をはじめ、公知のデータや「エネルギー消費性能計算プログラム(国立研究開発法人建築研究所のWebプログラム)」を活用して得られた計算結果を基に構築した信頼性の高いものとなっています。

 当システムは、①設定を変えた3案の作成・比較が可能、②入力条件の変更により運用費(電気・ガス・水道料)が変動する、③省エネ項目の選択により省エネ性の評価が可能、④計算結果をExcel形式で出力されるため自由なグラフの作成が可能、⑤坪単価入力機能により簡単に建設費の調整が可能といった特徴を持っており、共同開発ではありますが各社において多様な分析・アウトプットとすることやそれぞれのコスト状況に合わせた独自の提案を可能としています。

 LCCの算定は、企画・設計・建設から解体・処分に至る建物のライフサイクルで発生する費用を算定し、設計の支援や顧客への提案ツールとして使用できます。「建設費(企画設計費を含む)」「修繕費」「更新費」「運用費」「保全費」「一般管理費」「解体処分費」の年毎の集計表のほか、費用内訳グラフや年額と累計額のグラフの作成が可能で、また複数案を作成することにより、年間光熱費の比較グラフの作成もできます。

 長期修繕計画の算定は、「修繕費」「更新費」を算出し、顧客への建物維持管理の支援ツールとして使用できます。当該費用はLCCの算定結果と合わせてアウトプットされ、年毎の集計表のほか、費用内訳の年額と累計額のグラフを作成することができます。

 今後、各社は当システムを活用して、長期的な視点に立った建物の建設・運営計画を立案することにより、新築はもとよりリニューアルの提案型案件の獲得を目指していく予定です。

ライフサイクルコスト費用内訳/年間光熱費構成比率

  

ライフサイクルコスト費用内訳

ライフサイクルコスト費用内訳 の図

  

年間光熱費構成比率

年間光熱費構成比率 の図

ライフサイクルコスト 年額と累計額

ライフサイクルコスト 年額と累計額 の図

長期修繕計画 年額と累計額

長期修繕計画 年額と累計額 の図

ニュースリリースに関するお問い合わせ

  • 飛島建設株式会社 企画本部 広報室
    松尾 和昌 TEL:03-6455-8312

技術・資料に関するお問い合わせ

  • 飛島建設株式会社 建築統括部 建築G
    神山 健二 TEL:03-6455-8346