飛島建設

OPENCLOSE

COMPANY
ABOUT TOBISHIMA

飛島建設について

会社案内-飛島建設についてのメインビジュアル

飛島建設行動規範

1.飛島建設行動規範の基本認識

  1. 我々建設業者は、「生活・産業基盤の整備を通じ、国民経済の向上と国民経済の発展に寄与する」という重要な社会的使命を担っている。
  2. 社訓に定められている通り、当社の役員・職員は、建設業者の基本を忘れずに、社会的使命を改めて自覚し、高い倫理感を持って、行動する必要がある。
  3. 企業行動規範、社員行動規範は、当社の役員・職員が、社会や環境との調和を図りながら、企業市民及び職業人として、守るべき行動や社会に貢献していくための行動の基準を定めたものである。
    [企業市民・・・企業も社会の一員であり、市民である]
  4. 企業の活動は「人」によってなされ、「人」によって社会と繋がっている。
    従って、企業として社会からの信頼を獲得し、社会の一員としての責務を果たすためには、社員一人ひとりが、ここに定められた規範の趣旨を深く理解し、かつ規範に則って行動することが不可欠である。
  5. 企業行動規範として、次の3つの基本方針を定める。
  6. 1)社会への貢献
    ・建設業者の本来的使命であり、最優先すべき方針である。

      

    2)社会の基本ルールの遵守
    ・社会への貢献を果たしていくためには、「社会の基本ルールの遵守」が前提となる。

      

    3)建設業者としての自覚
    ・建設活動を通じて社会への貢献を果たすためには、「建設業者としての自覚」を持ち、感謝・奉仕の念を忘れずに、
     持てる能力を積極的に発揮していくことが必要である。

  7. 社員行動規範として次の基本方針を定める。
  8. 1)社員としての良識の自覚
    ・企業の信用は社員一人ひとりの信用の集積である。
     従って、個々人が「社員としての良識を身につける」ことが必要である。

  9. 当社の受注活動に関わるすべての役員・職員は、誠実性と倫理観をもって独占禁止法遵守を実践するものとし、入札談合行為は一切行わない。

2.飛島建設企業行動規範

  1. 社会への貢献
  2. 1)社会の要請に応えた建設活動の推進
    ・建設業者としての社会的使命を自覚して、真に社会に有用な構築物を、社会に受け入れられる方法で建設することに努める。

      

    2)よりよい環境の創造と保全
    ・建設活動は、多かれ少なかれ、自然環境に影響を与える。
     その影響は将来にわたることから自然環境に充分配慮した活動に努める。

      

    3)社会との調和の促進
    ・建設業者は、社会から委託されて、社会生活に有用な構築物を作り出していると言える。
     従って、作り出す物も、作る過程においても社会との調和を図ることが肝要である。
    ・基本は人間性の尊重であり、社会の声に耳を傾けて、それを生かして活動する。
     また、建設業の活動を正しく理解してもらう不断の努力も大切である。

  3. 社会の基本ルールの遵守
  4. 1)各種法令の遵守
    ・建設業法、労働基準法、労働安全衛生法等、関連する法令を遵守する。
    ・独占禁止法、政治活動に関わる寄付行為に関する法令、暴力団対策法等を遵守する。
    ・刑法などの国家・社会の基本ルールに違反することがあってはならない。

      

    2) 反社会的行為の根絶
    ・暴力団対策法の趣旨に則り、暴力団等からの不当な要求に応じたり、あるいは暴力団等を利用する等の行動は行わない。
    ・企業会計の透明化に努める。
    ・商法や商習慣を逸脱した不当な取り引きを行わない。

      

    3) 公正な競争を通じた事業活動の展開
    ・公正で自由な競争に基づく事業活動の展開に努める。

  5. 建設業者としての自覚
  6. 1)良質・低廉な建設構築物提供への努力
    ・設計・施工の各段階で建設業者としての英知を結集して、良質・低廉な構築物を提供出来るよう努める。

      

    2)建設パートナーとの相互理解による協力関係の確立
    ・良質・低廉な構築物を提供するためには、協力会社や資機材納入業者、流通業者など多くの人々の協力が必要である。
     お互いを尊重し、対等な立場で協力関係を築くことに努める。

      

    3)技術力・品質の向上
    ・技術開発や設計・施工法の改善等、建設業として基本となる技術力を、常に研鑚し、品質の向上に努める。 

      

    4)安全意識の向上
    ・一人ひとりが安全に対する意識を常にもち、自らの安全と同時に、作業者あるいは第三者等の行動を自らの行動に置き換え、危険予知を充実させる。

      

    5)活き活きとした職場作り
    ・組織の長はもちろんのこと、全員が人間尊重の精神を持って、働きがいのある自由闊達な風土作りを心掛ける。
    ・人権を尊重し、宗教や思想等の違いによって人を差別しない。

3.飛島建設社員行動規範

  1. 社員としての良識の自覚
  2. 1)誠実・公正な仕事の遂行
    ・当社は、ゼネコンとして公共性の強い事業に関わっていることを常に認識し、誠実、公正に仕事を遂行する。
    ・上司の決裁を得るに当たっては、判断を誤らせないために、悪い情報でも包み隠さず提供する。また、事実を曲げて報告しない。
    ・「何が当社のためになるか」ということを判断の基礎に置いて物事を考え、かつ行動する。また、誰の発言であっても、「正しいことは正しい」と認め、これを正当に評価する気風を定着させる。

      

    2)顧客優先の考え方の徹底
    ・顧客があってはじめて当社が成り立っている。一人ひとりが、このことを肝に命じ、誠心誠意顧客に接すると共に、建設業者として良質・低廉な構築物を速やかに提供することに努める。
    ・本社の社員にとっては支店が「顧客」であり、支店の社員にとっては、作業所が「顧客」であるという気持ちを持って仕事を行う。

      

    3)地域社会の一員としての活動
    ・我々は、地域社会との関わりが強いことを認識し、地域の一員として、社会との調和を図り、地域社会に貢献するように努める。

      

    4)社内規則・規程の遵守
    ・就業規則をはじめ、諸規則・諸規程を守ることは、社員としての基本である。会社が一旦決めたことはきちんと守る。

      

    5)不正行為の根絶
    ・外部からの甘言や誘惑に負けて、自らの身を汚すことがあってはならない。たった一人の行為が会社の信用を傷つけ、株主をはじめ、周囲の人々に多大な迷惑を及ぼすことにもなるので、不正行為は行わない。

      

    6)越権行為の禁止
    ・本人に与えられた範囲を越えて権限を行使しない。
    ・また、与えられた権限については、その趣旨に沿って誠実に行使し、濫用しない。

      

    7)公私混同の禁止
    ・会社は公のものである。社員として、常に自らを厳しく律し、公私混同を行わない。

      

    8)社内悪習慣の是正
    ・長い間行われてきた習慣の中には、悪習慣もないとは言えない。
    ・お互いに気がついたらこれを是正する勇気を持つ。


附則

(所管部署)
第1条 本規範の所管部署は、企画本部経営企画部とし、内容や解釈について疑義が生じた場合の対応部署となる。

(規範の改廃)
第2条 本規範の改廃は、「取締役会」の決議により行う。

(実  施)
第3条 本規範は、1994年4月1日から施行する。

(改正実施の記録)
制定   平成 6年 4月 1日
改正   平成19年10月 1日
改正   平成20年 6月13日
改正   平成22年 4月 1日
改正   平成23年 5月 1日
改正   平成26年 4月 1日
改正   平成27年 4月 1日
改正   平成29年 4月 1日