HOME » 防災のトビシマ » 事前準備への取り組み


 

 トビシマは、「災害に強い会社づくり」、全国の営業拠点・作業所を活用した「緊急対応、復旧・復興支援の体制づくり」に取組んでいます。


 ●災害発生時には早急な支援対応が取れるように、事業継続計画(BCP)により、
  「災害に強い会社」を構築しています。
 ●公開防災教育、地域防災活動など、防災意識の向上に努めるとともに、
   万一に備えて被害を最小限に留める防災教育活動に力をそそいでいます。

災害に強い会社づくり

施工物件への迅速な対応
GIS履歴情報システム

地理情報(GIS)を活用した履歴情報検索システムにより、
施工物件への速やかな被災対応を図ります。



 

地震動評価システム

対象とする地域の地震活動や周辺の活断層情報などを
総合的に判断し、最も影響の大きい地震を抽出します。
その地震が発生した場合に生じる地震動を、目的に応じた
最適な地震動評価方法により計算します。

防災教育の実施

子供たちに、地震や洪水などの自然災害の事例や、
それらを防ぐための「建設のしごと」について説明し、
理解を深めていただいています。

ページ上部へ戻る