飛島建設

OPENCLOSE

COMPANY
ABOUT TOBISHIMA

飛島建設について

会社案内-飛島建設についてのメインビジュアル

企業行動規範

  1. 社会への貢献
  2. 1)社会の要請に応えた建設活動の推進
    ・建設業者としての社会的使命を自覚して、真に社会に有用な構築物を、社会に受け入れられる方法で建設することに努める。

      

    2)よりよい環境の創造と保全
    ・建設活動は、多かれ少なかれ、自然環境に影響を与える。
     その影響は将来にわたることから自然環境に充分配慮した活動に努める。

      

    3)社会との調和の促進
    ・建設業者は、社会から委託されて、社会生活に有用な構築物を作り出していると言える。
     従って、作り出す物も、作る過程においても社会との調和を図ることが肝要である。
    ・基本は人間性の尊重であり、社会の声に耳を傾けて、それを生かして活動する。
     また、建設業の活動を正しく理解してもらう不断の努力も大切である。

  3. 社会の基本ルールの遵守
  4. 1)各種法令の遵守
    ・建設業法、労働基準法、労働安全衛生法等、関連する法令を遵守する。
    ・独占禁止法、政治活動に関わる寄付行為に関する法令、暴力団対策法等を遵守する。
    ・刑法などの国家・社会の基本ルールに違反することがあってはならない。

      

    2) 反社会的行為の根絶
    ・暴力団対策法の趣旨に則り、暴力団等からの不当な要求に応じたり、あるいは暴力団等を利用する等の行動は行わない。
    ・企業会計の透明化に努める。
    ・商法や商習慣を逸脱した不当な取り引きを行わない。

      

    3) 公正な競争を通じた事業活動の展開
    ・公正で自由な競争に基づく事業活動の展開に努める。

  5. 建設業者としての自覚
  6. 1)良質・低廉な建設構築物提供への努力
    ・設計・施工の各段階で建設業者としての英知を結集して、良質・低廉な構築物を提供出来るよう努める。

      

    2)建設パートナーとの相互理解による協力関係の確立
    ・良質・低廉な構築物を提供するためには、協力会社や資機材納入業者、流通業者など多くの人々の協力が必要である。
     お互いを尊重し、対等な立場で協力関係を築くことに努める。

      

    3)技術力・品質の向上
    ・技術開発や設計・施工法の改善等、建設業として基本となる技術力を、常に研鑚し、品質の向上に努める。 

      

    4)安全意識の向上
    ・一人ひとりが安全に対する意識を常にもち、自らの安全と同時に、作業者あるいは第三者等の行動を自らの行動に置き換え、危険予知を充実させる。

      

    5)活き活きとした職場作り
    ・組織の長はもちろんのこと、全員が人間尊重の精神を持って、働きがいのある自由闊達な風土作りを心掛ける。
    ・人権を尊重し、宗教や思想等の違いによって人を差別しない。