飛島建設

OPENCLOSE

ARCHITECTURE
DAMPING

制振・免震技術

飛島の技術-建築のメインビジュアル

耐震補強

 建物の耐震診断の結果、耐震補強の必要があれば、適切な補強方法、補強位置をご提案いたします。低コスト、迅速で確実な施工と調和したデザインにより一貫した設計・施工体制で耐震性能を飛躍的に向上させ、将来にわたって安心できる建物を実現させます。

最新の技術による制震補強
トグル制震構法へ

  1. 耐震壁の新設と増打補強 イメージ

    耐震壁の新設と増打補強

    柱と梁の間に新しい耐震壁を設けたり、既存の壁の厚さを増すなどして、主に建物の耐力を増大させることを目的にしています。

  2. ブレース・アンボンドブレースの新設 イメージ

    ブレース・アンボンドブレースの新設

    建物の耐力を向上させるために、骨組の中に鉄骨ブレースを設置します。なお、アンボンドブレースは鉄骨の外側にコンクリートを被覆し、座屈しないようにトビシマが開発した画期的なブレースです。

  3. 柱の補強・スリットの新設 イメージ

    柱の補強・スリットの新設

    柱の変形に対する能力を増大させるために、炭素繊維や鉄板を柱に巻いて補強する工法です。また、スリットの新設は柱と壁を切り離して、柱の変形能力を向上させます。

  4. 杭の新設 イメージ

    杭の新設

    建物の上部構造の補強にともない基礎にかかる荷重が増え、支持耐力が不足した場合に杭を新設します。

  5. 設備関連施設の補強<強 イメージ

    設備関連施設の補強

    地震時に設備機器の転倒や配管類の破損を防止し、非常事態にも対応できる状態を維持するために補強します。