飛島建設

OPENCLOSE

CIVIL ENGINEERING
MARINE

海洋・港湾技術

飛島の技術-土木のメインビジュアル

PBS工法(杭打ち連結ブロック工法) イメージ

PBS工法(杭打ち連結ブロック工法)
〈鋼管杭とプレキャストブロック一体化による海洋構造物構築技術〉

海中に打設した杭群にプレキャストブロック部材を連結して一体化し、杭基礎ラーメン構造体を構築する技術です。杭構造とプレキャスト施工の特徴を生かして、桟橋、岸壁、護岸、防波堤、離岸堤等、さまざまな港湾海岸構造物を合理的に構築することができます。

RLM工法(水中捨石基礎均し工法) イメージ

RLM工法(水中捨石基礎均し工法)
〈基礎捨石マウンド均し作業を安全かつ高精度に行う急速施工法〉

クレーン船等にて保持した重錘を海中で自由落下させて、基礎捨石マウンドを締め固めながら均す工法です。船舶作業なので高能率で、広範囲かつ大量の均し作業を大水深海域でも安全に精度良く仕上げることが可能です。また、機械構成が単純なので故障等による作業中断等の心配はありません。

スリップフォームケーソン工法(移動型枠式ケーソン製作工法) イメージ

スリップフォームケーソン工法(移動型枠式ケーソン製作工法)
〈連続施工により水密な大規模ケーソンを製作する急速施工技術〉

煙突やタワー等の鉄筋コンクリート製塔状構造物を急速に構築することができる当社のスリップフォーム工法(移動型枠工法)を水密性が要求される大規模海洋ケーソンの製作に適用した技術です。
多様な断面形状を有する場合(左図)でも、鉄筋型枠組立からコンクリート打設を連続的に行え、高品質なケーソンを短期に製作できます。