会社沿革

会社沿革

飛島建設の歩み

今年は、1883年(明治16年)に福井県で飛嶋文次郎が
土木請負業の「飛島組」を創設して以来139年目にあたります。
明治、大正、昭和、平成、令和と5時代にわたる、
当社の歴史の一端を紹介します。

創業者 飛嶋 文次郎

1883明治16年

「飛島組」の創設

飛嶋文次郎が飛島組を創設。福井城郭とりこわし工事を初めて請け負う。

明治

  1. 明治18年1885明治18年

    内閣制度が制定。初代首相が伊藤博文に。

  2. 1901明治34年

    福井県立農学校の敷地造成に軌条によるトロッコを採用し大成功を収める。

  3. 中尾発電所(福井県 勝山市)

    1905明治38年

    水力発電所工事の第一号

    京都電燈中尾発電所工事(福井県)を請け負う。
    中尾発電所の工事完遂で京都電燈の信頼を得た文吉(2代目)は、以後、持越発電所、黒田発電所、大戸川発電所など、次々と発電所建設を任される。

大正

  1. 鬼怒川堤防工事(栃木県)
    鬼怒川堤防工事(栃木県)

    1915大正4年

    関東へ進出

    鬼怒川筋河川改修工事を受注。

  2. 1916大正5年

    株式会社飛島組 設立

    資本金10万円で株式会社飛島組(代表取締役 飛嶋文吉)を設立。
    本社を福井市豊島中町(現豊島一丁目)に置く。

  3. 1920大正9年

    資本金100万円で株式合資会社に改組する。

  4. 大正12年1923大正12年

    9月1日 関東大震災発生

  5. 羽田飛行場(現 東京国際空港)
    羽田飛行場(現 東京国際空港)

    1926大正15年

    株式会社に改組

    羽田埋立工事等発電所工事以外の工事にも全国的に展開。

昭和

  1. 旧後楽園球場(東京都 文京区)
    旧後楽園球場(東京都 文京区)

    1937昭和12年

    請負額、業界新記録を樹立

    この年請負額3,000万円を突破し、業界新記録を樹立。信濃川発電所第一期工事が完成。
    後楽園スタジアム完成。戦時を反映し中国大陸、朝鮮半島に進出。

  2. 1940昭和15年

    本社を東京へ移転

    本社を福井市より東京市麹町区九段へ移転。

  3. 1946昭和21年

    株式会社飛島組は、企業再建整備法の適用を受け解散。

  4. 1947昭和22年

    飛島土木株式会社を設立

    3月3日、資本金300万円で飛島土木株式会社(社長 飛島斉)を設立。

  5. 社訓
    社訓

    1960昭和35年

    東京証券取引所 一部上場

    東京証券取引所に株式を店頭公開、翌年に一部上場。社訓を制定。

  6. 昭和39年1964昭和39年

    東京オリンピック開催

  7. 1965昭和40年

    社名が飛島建設株式会社へ

    土木偏重のイメージから脱皮するため、社名を飛島建設株式会社に変更。

  8. 青函トンネル(青森県 東津軽郡~北海道 上磯郡/1988年 開通)
    青函トンネル(青森県 東津軽郡~北海道 上磯郡/1988年 開通)

    1982昭和57年

    「青函トンネル」が竣工。

  9. 本社ビル(東京都 千代田区)
    本社ビル(東京都 千代田区)

    1983昭和58年

    創業100周年

    新本社ビルを東京都千代田区三番町へ移転。

平成

  1. かながわサイエンスパーク(神奈川県 川崎市)
    かながわサイエンスパーク(神奈川県 川崎市)

    1989平成元年

    かながわサイエンスパークが完成

    わが国初のインキュベート機能を備えた、「かながわサイエンスパーク(KSP)」が完成、オープン。

  2. 須磨パークヒルズ(兵庫県 神戸市)
    須磨パークヒルズ(兵庫県 神戸市)

    1992平成4年

    地上33階建の超高層住宅

    超高層住宅「須磨パークヒルズ タワー棟」(地上33階建)が竣工。

  3. 1993年 
    平成5年

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が開幕

  4. 昭和基地(南極)
    昭和基地(南極)

    1994平成6年

    トビシマ、南極へ

    日本南極地域観測隊への技術派遣始まる。

  5. ジュビロ磐田スタジアム(静岡県 磐田市)
    ジュビロ磐田スタジアム(静岡県 磐田市)

    1995平成7年

    創業110周年

    「ジュビロ磐田スタジアム」が竣工。

  6. 東京湾アクアライン(神奈川県 川崎市~千葉県 木更津市)
    東京湾アクアライン(神奈川県 川崎市~千葉県 木更津市)

    1997平成9年

    「東京アクアライン」川人南工区が完成。

  7. 2000平成12年

    トグル制振構法の初適用工事竣工。

  8. 2004平成16年

    「防災のトビシマ」をスローガンとして掲げる。

  9. 摺上川ダム(福島県 福島市)
    摺上川ダム(福島県 福島市)

    2006平成18年

    東北でも有数の大規模ダムが完成。

    大型ロックフィルダム「摺上川ダム」が竣工。

  10. 飛騨トンネル(岐阜県 飛騨市~岐阜県大野郡)
    飛騨トンネル(岐阜県 飛騨市~岐阜県大野郡)

    2007平成19年

    国内3位の長距離トンネル完成。

    「飛騨トンネル」が竣工。

  11. 2011年 
    平成23年

    東日本大震災発生

  12. かながわサイエンスパーク(神奈川県 川崎市)
    かながわサイエンスパーク(神奈川県 川崎市)

    2011平成23年

    本社移転。

    本社を「かながわサイエンスパーク(KSP)」へ移転。

  13. 金出地ダム(兵庫県 赤穂郡)
    金出地ダム(兵庫県 赤穂郡)

    2016平成28年

    「金出地ダム」が竣工。

  14. ワコール新京都ビル(京都府 京都市)
    ワコール新京都ビル(京都府 京都市)

    2016平成28年

    「ワコール新京都ビル」が竣工。

  15. 2017平成29年

    本社を品川に移転する。

今現在

未来を守る、
トビシマの仕事。

私たち飛島建設は、
都市を基盤とした防災・環境ニーズといった多様化する建設投資に対し、
建設技術だけではなく企画・設計・施工から運営・維持管理まで
トータルサービスによるソリューション事業を展開し、
社会に『なくてはならない会社』を目指します。
人々の暮らしと命を守るという建設事業の根源的な使命を
『防災のトビシマ』という標語であらわし、
防災・減災関連技術、環境関連技術などの開発や提案活動を推進していきます。

トビシマを知る TOP