飛島建設

OPENCLOSE

M plus
エムプラス

リニューアル/ソリューション-エムプラスのメインビジュアル

エムプラスの素材

  • エムプラスは、素材そのものから化学接着剤等の人工の化学物質を除外しています。
  • 壁や天井の漆喰はVOCを吸着分解します。家具・建具・生活用品等からの放散されるVOCも軽減します。
  • 耐久性が高いだけでなく、使い込むほどに風合いが出て個性を発揮するようになります。
  • 万一の火災発生時にも壁や天井が燃えにくいだけでなく、有毒ガスの発生がほとんど有りません。
  • 炭化コルクと漆喰の壁は、バーナーの炎を直接当てても燃え出しません。刺激臭もしてきません。
  • 漆喰の持つ表情や天然木の肌触り風合いは、こころ和ませる暖かい空間を演出します。

エムプラス漆喰(しっくい)

  • エムプラスの漆喰は、厳選した天然素材を材料とする古来からある漆喰です。
  • 漆喰は、それ自体が固まる性質を持ち、珪藻土などのように化学接着剤を混ぜる要のない素材です。
    また、着色には黄土やベンガラといった土や鉱物を混ぜて着色しています。
  • 固まった漆喰は水に強い素材となるので、ヨーロッパでは古くから家の外壁に使われています。
  • 汚れても、削り取ったり塗り重ねることで白くなり、半永久的に長持ちします。
エムプラス漆喰の写真 トルエン吸着試験のグラフ エムプラス漆喰の写真

■ 素材

  • 白いのは石灰石から作る消石灰が主成分だからです。
  • 海草のりと麻の繊維質(スサ)を混ぜて作る天然素材です。
  • 消石灰は空気中の二酸化炭素を吸収し石灰石に戻ります。
消石灰の説明 イメージ

■ 特徴

  • 優れた調湿性能があります。
    • 蒸し暑い梅雨の時期は室内の水分を吸収します。
    • 乾燥する春先は部屋の中に水分を放出します。
    • この調湿作用で、夏涼しく冬温かいと感じる身体に優しい室内環境が保たれています。
  • 消臭性能があり、室内に生活臭が残りにくくなります。
    • お料理などの臭いが部屋の中にほとんど籠りません。
    • 来客の方が煙草を吸われても臭いがほとんど残りません。
    • 寝たきりの方も汗の臭いを気になさらずに過ごせます。
  • 結露することがほとんどなく、カビが生えにくくなります。
    • 北向部屋のたんす裏もカビの黒ずみがほとんど見られません。
    • 押入れの布団や、たんすの下着があまり湿っぽくなりません。
  • 室内空気中の化学物質を吸着します。
    • ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなど、シックハウスの原因と考えられている揮発性有機化合物を吸着します。
  • 柔らかな光に包まれる、心和む室内になります。
    • しっくい表面は光をやわらかく乱反射させ、独特の暖かさで室内の光環境を演出します。

エムプラスフローリング

炭化コルクの写真 炭化コルクの写真 漆喰を塗った面にバーナーの炎を直接当てている様子の写真

漆喰を塗った面にバーナーの炎を直接当てている様子。

炭化コルクの写真

■ 特徴

  • 優れた断熱性能。
    • コルクが暖かいのはご存じのとおり。
    • 100%コルク素材。優れた断熱性能を有します。
  • 臭いを吸収し調湿性能があります。
    • 炭化させているので、臭いを吸着し調湿効果があります。
    • 空気を浄化するだけでなく、揮発性有機化合物を出しません。
  • 防水性だけでなく、防火性も高く、火災時に安心です。
    • 炭化コルクの断熱材にしっくいで仕上げた壁の防火性能が実証されました。
    • 接着剤を使っていないので、高熱でも有毒ガスを出しません。
  • 遮音性に優れています。
    • 炭化コルクを下地に、しっくいで仕上げた分譲マンションでは、優れた床衝撃音遮音性能を実証しました。
  • 防虫・防カビ効果が有ります。
    • スペリンという防虫成分を多く含んでいます。
    • 周りにカビを生やす実験では、炭化コルクには生えませんでした。
  • ※一般に断熱材として使われている化学素材からは、シックハウスの原因の一つと言われているスチレン等の揮発性有機化合物が長年にわたり発生し続けます。
  • ※一般の発泡スチロール断熱材や接着剤、ビニルクロスは、火災時にダイオキシンや青酸カリの仲間である有害ガスが発生します。

エムプラスフローリング

エムプラスフローリングの写真 施工中のフローリングの写真

施工中のフローリング

施工後4年目のフローリングの写真

施工後4年目のフローリング
赤みを帯び艶が出てきています。

■ 特徴

  • 優れた調湿性能があります。
    • 天然の木は、吸湿・放湿性に優れます。
    • 季節による伸び縮み
  • 香りに包まれ、森林浴効果を持ちます。
    • 心が休まるアルファ波が出ることが確かめられています。
    • 香りの成分アルファピネンは、気持ち静める効果を持ちます。
  • 夏涼しく、冬暖かく、身体に優しく接します。
    • 適度に乾燥させた天然木は、たっぷりと空気を含んでいます。
    • 天然の断熱性能を持ち、肌に優しく伝わります。
    • 呼吸する素材といわれる所以です。
  • 時間と共にゆっくりと色に深みが増します。
    • 天然木は自分の持つ油成分でゆっくりと時間をかけてあめ色を増し落ち着きのある色に美しくなります。
  • 歴史が耐久性を証明しています。
    • 日本の風景寺社仏閣は、1500年の歴史を経て、現在に生きる木造建築物です。
    • 接着剤を使わない無垢の木材が耐久性を証明しています。

参考事例:突き板フローリングの経年変化の様子

15年目のフローリングの写真

15年目

20年目のフローリングの写真

20年目

合板の表面に2ミリ程度の厚さの無垢の木を張り合わせたもので、一般に普及しています。
着色ウレタン等の表面加工で、当初から輝きと艶が有りますが、次第に艶が失われ、表面の木が剥離してくることが有ります。
張り合わせ部の接着剤の劣化が主な原因です。
特に、南側リビングの直射日光が当たる部分の劣化が進みます。
このようになったら、床全面を張り替えることになります。
無垢の一枚板のフローリングは、艶が出るのに時間が掛かり、表面が傷付いたりしますが、部分的な補修で長く使えます。