飛島建設

OPENCLOSE

PROJECT
PROJECT
プロジェクト紹介

北陸新幹線、南越(仮称)駅新築(福井県)

令和5年春に敦賀まで開業予定の北陸新幹線の南越(仮称)駅の新築工事。
デザインコンセプト「伝統・文化を未来につなぐシンボルとしての駅」
コウノトリが飛翔する未来への道標となる駅をイメージした駅となっています。

工事件名 北陸新幹線、南越(仮称)駅新築
発注者 独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 大阪支社
設計 独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 大阪支社 建築部
監理 独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 大阪支社 福井鉄道建築建設所
施工者 飛島・本間・関 北陸新幹線、南越(仮称)駅新築特定建設工事共同企業体
契約工期 2019年8月6日 ~ 2022年8月5日
施工場所 福井県越前市大屋町39字東登り内10番3他
工事規模 駅舎 構造種別 RC(土木高架)+鉄骨造
敷地面積 3,870.39m2
延床面積 6,635.57m2
最高高さ 22.052m
信通機器室 構造種別 鉄骨造
敷地面積 4,276.76m2
延床面積 2,003.37m2
最高高さ 6.63m